読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕とアイドル ①

僕は世間一般的に言うとアイドルオタクに分類されると思う。特別、自分がアイドルオタクという自覚もないが、同じCDを複数枚どころか何十枚、いや、百単位で買う。握手もする。チェキも撮る。そうなるとオタクだろう。

アイドルにハマったのは、19、20歳の頃で、それまでアイドルもオタクも気持ち悪いと思っていた。(小学生の頃、モーニング娘。加護ちゃんはちょっと好きだった。)吉田豪さんも言っていたが「人は弱っている時にアイドルにハマりやすい」というのは当時浪人中で疲弊していた僕にも綺麗に当てはまった。好きになるきっかけは、本当にふとしたことで、何気なくテレビを観ていたらAKBが歌って踊っていた。それが何故かとてつもなく良くて終わるまで釘付けだった。AKBはそれまで名前も知っていたしHPも覗いたりした事があったが、本当に失礼ながらブスしかいねえなって思ってすぐページを閉じた。その頃のAKBはテレビ等のメディアに出たてで、総選挙とかが注目され始めた辺りだったように思う。

興味を持ち始めてからは単純で、YouTubeで動画漁ったり、ブログを読んだり、ブスしかいないと思って閉じたHPで各チームのメンバーを覚えたりと、俗に言う『在宅オタク』になって、それが一年程度続いた。それまでアイドルソングに触れずに育った僕は、アイドルであるからこそ成立するような曲を好んで聴いていた。分類するほどの知識も無いが、セカイ系と呼ばれるようなアイドルと自分(オタク)の世界で成り立つ曲やブリっ子的な誰が聴いてもアイドルソングと分かるような曲。そうしている内に、いつの間にか好きな人、『推し』が出来て会いたいとか話してみたいと思うようになった。AKBは掲げてるコンセプト、『会いに行けるアイドル』通りに定期的に握手会が開かれていて参加すれば会いに行けるのだから参加するのは当然だった。最初は握手会に参加した話を友達にすればちょっとウケるかなという気持ちもあったけど。初めて好きになったアイドルは『野中美郷』さんで、始めの内は勝手が分からなかったが話せるだけで嬉しいし楽しいとおもった。今にも一貫していることだけど、好きになるアイドルのタイプはしっかり見ていないとどっかに行ってしまいそうな子だ。

大学に馴染めず授業に出て知り合いとそれっぽい会話をして帰るだけの生活をしていた僕にとって握手会は唯一の楽しみと言っても良かったと思う。野中美郷さんは正直あまり人気がある方では無く、よく列が途切れていた。実際の所、どう思っていたかは分からないけど、列を途切れさせたくなくて何回も握手すると「また来てくれた!」と笑ってくれる姿は可愛く、嘘でも嬉しかった。僕のエゴかもしれないが好きな人が他の人気のあるメンバーを暇そうに眺めてる姿を見るのは辛い。